20万からはじめた初心者投資家がオススメする株取引の口座開設はコチラです。

【注目】2020年を振り返る

あけましておめでとうございます。

本日、大発会を迎えましたが、管総理が「首都圏の緊急事態宣言」を検討というニュースが飛び込み、早速、銘柄への影響を与えております。

2021年はふたたび巣ごもり?!またcottaの出番!!! ナンテコッタ!ww

 

失礼しました。。。。

 

さて、2020年の振り返りです。

大きな銘柄として以下のような取引を実施しました。

銘柄 譲渡損益(円) 保有期間 コメント
タマホーム(1419) -20,730 5月末~6月初旬 配当金狙いで失敗
ITbookホールディングス(1447) +19,070 9/24~9/28 管政権銘柄

短期にて高収益を確保

アドウェイズ(2489) -14,452 1月初旬~4月初旬 コロナ渦で下げ

損切りタイミングミス

cotta(3359) +30,932 複数回取引実施 巣ごもり銘柄が高騰
フジクラ(5803) +14,396 2019年6月~1月

9月下旬~11月下旬

安定した手回り
九州電力(9508) -36,352 2019年初旬~2020年3月中旬 損切りミス!損失大

まずは2020年初旬ですが、

やはり新型コロナウィルスの影響をまともに喰らいました!

株経験にて大幅な下落を経験したことが無かったため、とにかく「慌てた!」のが最大の敗因と、今になれば冷静に振り返っております。

損切りというワードだけで、アドウェイズや九州電力を切ってしまいましたが、

どちらもほぼ底値近くで売り確定してしまいました。。。

とくにアドウェイズはその後、大きな躍進を見せているだけに…

非常に悔しい結果になりました。

一方で、巣ごもり需要にいち早く、目を付け、

cottaに積極投資したことは、2020年の最大の勝因だと思います。

cottaは複数回エントリと利益確定を繰り返して約3万円の利益を出せました。

我ながらまずまずだと納得しております。

また、管政権銘柄としてITbookホールディングスに戦々恐々としながら、エントリして、

すぐに利益確定できたことも、振り返りとしてナイスな事例でした。

(マネーゲーム感があり、正直、オススメできる投資方法ではありませんがwwww)

 

しかし、結局、2020年は年間トータルで19000円の損失を計上してしまいました。

(一時は約9万円の損失だった…)

株配当を差し引くと、約8000円程度の損失にはなりますが、やはり譲渡益でマイナスを計上したことは、投資家として、まだまだ見習いと言ったところでしょうか。

 

さて、2021年は巣ごもり需要が再拡大しそうな、雰囲気にあります。

再度cottaに期待を込めて、今年もよろしくお願いいたします。

 

以上です。